タイヤ交換は持ち込みした方が断然お得に利用できる

雪道を安全に走るために

作業員

雪道でも滑らずに

せっかく自動車免許を取得したのだから、早く自分の自動車が欲しいと思っている人は少なくないでしょう。しかし、安全に自動車を運転するためには自動車だけを購入すれば良いというわけではありません。特に雪が降る地域に住んでいる場合にはスタッドレスタイヤは必須と言っても過言ではありません。雪道を安全に走るためには以前はスパイクタイヤが主流でしたが、今ではスパイクタイヤは道路を削ってしまうなどの問題もあったために使用されずにスタッドレスタイヤが主流となっています。雪道を走っている時に滑ってしまうのは交通事故の原因になりますが、雪道で滑ってしまう原因は氷になった雪道の表面に出来る水の膜です。この水の膜が道路とタイヤの間に入り込んでしまって滑ってしまうのです。スタッドレスタイヤは夏タイヤとは違って雪道でも安心して走れるように様々な工夫がされています。見た目ですぐにわかるのは夏タイヤと比べてスタッドレスタイヤは溝がデコボコとしており深く作られています。これによってグリップ力を得ているため、雪道でも安心して走れるようになっているのです。また、夏タイヤとスタッドレスタイヤとの違いはそれだけではなく使われているゴムの質も異なっています。一般的にゴムは温度が低くなると硬くなってしまいますが、スタッドレスタイヤは温度が低くても柔らかくしなやかさを保つようになっています。このおかげで雪道でも路面と密着することが可能となっており、滑りにくくなっているのです。