タイヤ交換は持ち込みした方が断然お得に利用できる

プロに任せる

運転する人

自分でタイヤを準備する

車のタイヤ交換をする際は、交換先で用意してもらったタイヤに交換する方法と、自分で購入したタイヤを持ち込み交換してもらう方法とがあります。そのうち、自分の好きなタイヤを自由に選べ、さらにタイヤ交換のコストも安く抑えやすいのが、持ち込みでの交換です。それというのも、タイヤ交換は総じて高額になることが多いからです。特にタイヤ本体の価格は、普通に交換先で購入すると10万を超えることも珍しくありません。ですが、ネットなどで自分でタイヤを購入すれば、そこの価格を最大で数十%まで抑えることも可能なのです。これは、持ち込み料がかかるとしても充分以上にお得な価格と言えます。そして、この持ち込みでのタイヤ交換の流れをスムーズにするには、まずはタイヤ交換を依頼する業者に事前に「タイヤ持ち込みは可能か」と「作業可能日」を問い合わせるのが第一です。その際、併せて「タイヤを店へ直送で受け取ってもらえるか」という点も確認しておくと、タイヤ運搬の手間が省ける可能性があります。また、より確実なタイヤ交換とトラブル防止、そしてスムーズな作業のためには、使う予定のタイヤのメーカーや品番・車の車種など、基本情報は漏らさず伝えておくことも大切です。さらに必要な場合は、カード支払いができるかどうかや作業時間の目安も忘れず聞いておきましょう。そしてそれらの確認が済んだら、作業日に合わせて届くようにタイヤの注文をすれば準備完了です。後は予約日に店へ行き、タイヤ交換をしてもらって料金支払いをしたら完了という流れになります。

冬場の必需品です

タイヤ

スタッドレスタイヤは以前に比べ、安価な商品も増えたことで身近なものとなってきています。これらの寿命はタイヤの溝とゴムの状態に関係してきます。特にゴムの状態については、保管状況が大きな影響を与えます。雨ざらしや直射日光を当てることは劣化を早めますので注意が必要です。また装着前には専門家のチェックをおすすめします。

雪道を安全に走るために

作業員

雪道でも滑らずに安全に走れるように工夫されているのがスタッドレスタイヤです。夏タイヤと比べてスタッドレスタイヤは溝が深くデコボコとしているため、グリップ力により安全に走れるようになっています。また、スタッドレスタイヤは、低温度でも柔らかさなどが保てるため、雪山などを走っても、滑りにくいです。

安い所を探そう

タイヤ交換

タイヤを通販で購入される方も増えてきましたが、タイヤ交換の際に車に詳しくない方は持ち込みで依頼する必要があるます。持ち込み費用は実店舗でタイヤ購入するよりも高くなる事が殆どなので注意しておきましょう。オンラインショップと実店舗が提携している所では持ち込み費用が安くなっているので調べておきましょう。